CADSUPER 2016

 

基本操作

 作図に迷わないコマンドと操作性、設計者の要求に応じた設計環境を構築できます。 構想設計や部品設計、大規模組織図図面や部品詳細図等、プロの設計者の要求を満たす作図を実現します。
 

 

編集機能

図面作成の工程では、優れた編集機能を保有していることが不可欠です。

レイヤ操作・編集、異尺度対応、図面比較、寸法線挿入・・・

設計者が設計思考通りに扱える編集機能は、工程削減を実現するだけでなく、優れた生産性と正確性を実現します。

 

機械系標準部品

標準でJIS規格に基づく機械要素(ねじ・鋼材・ピンなど)が搭載されています。

基準点と向きを指示するだけで規格に基づく機械要素を簡単に配置することができます。

 

また、寸法公差、幾何公差、面の肌記号などの記号群を取り揃えています。

さまざまな公差形状に対応しており、付加したい寸法をクリックするだけで簡単に公差追加できます。

公差以外の記号にかんしてもわかりやすい選択画面と配置ができます。

 

補正・3D活用

3Dデータを利用し、投影図に展開する機能を搭載しています。CADSUPERならではの投影図取得時の補正機能により、投影図作成時に発生する問題点(端点未接続・重複要素・円弧の微小線分化など)を解決します。

 

他の2次元CADから変換したデータも、不要な隠線削除、断面隠線処理、面取り線削除など、投影図編集機能により、図面を素早く仕上げることができます。

 

3D出力

取り込んだ3Dデータを活用する方法として、造形用データ(STL)に出力することができます。

出力されたデータを利用して、ものづくりで話題の3Dプリンタで造形サンプルを作成することができます。

 

データ変換

作図環境の中核を果たす、優れたデータ互換対応

 DXF
 DWG
 MICRO CADAM
 ME10
 JWW
 Parasolid
 IGES
 STL